最近のコメント
access counter

南城依存症ケアセンター「座長ワーク・仲間のメッセージ」         毎週水曜日更新中!!

いつも南城依存症ケアセンターのブログを拝見して頂きありがとうございます。

ブログ係のヤス・モトキ・アキです。

最近の沖縄は大寒波の為、今年一番の冷え込みになりました。

そんな中、南城依存症ケアセンターの仲間は日々プログラムに励んでいます。

はじめにお伝えするのは座長ワークです。

s_P1200761%20(4)

私達は、依存物質や依存行為の為に周りの人や新しいものに心を閉ざしてきました。

どこまで過去をさかのぼっても、自分自身に居場所があると感じたことは、

一度もないという仲間も多いです。

たとえ、たくさんの人の中にいても自分だけが孤立していたように感じ、現実を生きることから

逃げてきました。

s_P1200770%20(2)

自分自身の事や自分が信じるもののこと、そして自分が必要としているもののことを打ち明けていく仲間。

s_P1200764%20(2)

自分の中にある真実を誇張したり、できるだけ最小限にしたりする必要もない。

仲間に受け入れられたことで、自分自身を受け入れるという大切なことを体感していく。

そして、自分を受け入れられるようになると他人への不安が消え、自分の居場所を感じられるようになった。

s_P1200762%20(3)

自分の良いところも悪い所も受け入れ正直に話をしてくれた仲間。

今までと違う何かが伝わってきたと話してくれた仲間。そこからは言葉そのものよりも自分も同じだという共感。

共感から生まれる言葉を理解し、自分も話す事で学び、自分に必要な受け入れる事を確認できた時間が流れていきました。

一人ではできない。でも仲間と一緒ならできる。

 

続いて南城依存症ケアセンターの仲間の体験談とメッセージを紹介していきたいと思います。

ヤス・37歳。A型。アディクションはアルコールです。沖縄県那覇市出身。

s_P1250894

十代の頃に鑑別所4回、少年院2回の経験あり。

刑務所は1回(七ヶ月)の経験あり。

沖縄県那覇市で生まれ、地元の小学校・中学校を卒業後、高校には行かずに友達と遊んでいました。

それで、中学生の頃に数回、シンナーを吸ったりしていて、これまでにギャンブルはスロットマシンを二回だけ、経験しました。

その時は友達から貰ったメダルで勝負をしたら、見事に大当りして、一万円程、勝ちました。

とても楽しかったのですが、自分でお金を使ってまではやった事はありません。

沖縄県では主流のギャンブルで喫茶店で花札専門店があって、そこでは一文100円でやっていて、5000円から花札を楽しむ事ができ、13000円から換金をする事ができます。それで、色々な役を揃えて点数を稼ぎ、それで換金をして楽しんでいました。

17歳の時に大晦日に友達と初詣に行った後、その帰りに皆で喫茶店に行って、花札をしていたら、一番大きな役がでて、30000円貰って、とても縁起が良かったので、その場にいる友達に500円ずつあげました。

それから、しばらくの間は花札にはまっていたのですが、ギャンブルはいけないと思い、突然やらなくなりました。

今はもう、ギャンブルをする事はありません。

s_P1250896

それから私のアディクションはアルコールなんですが、初めて飲んだのは中学三年生の時で、その時は

友達と近所の公園に集まって、そこでビールと泡盛を飲んでいました。

17歳になってからは友達と毎週カラオケに行って、お酒を飲んでいました。

18歳の頃からは仕事が終わると、毎日お酒を飲むようになり、それが35歳まで続いていました。

お酒を飲むと頭が気持ちよくなるし、気分が良い時にはおしゃべりになるのでそれが気分良くてはまっていきました。

お酒を飲んでのトラブルは、傷害事件が三回、そのうち二回は執行猶予で、一回は実刑でした。

それで、愛知県の刑務所に七か月間服役していました。刑務所では、共同生活の為、とても大変でした。夏はクーラーも無いし冬は暖房もないので辛かったです。

それに私は懲罰を何回もくらったので、独居部屋で生活をしていました。

刑務所を出てからは一人で行く場所もなかったので、名古屋市の路上で真冬の三月にホームレスをしていました。

そこでもお酒を買って飲んでいたのですが、刑務所を出てからは全く酔えなくなりました。

数日間ホームレスをしていたら、お金が無くなったのでこのままではマズイと思い、生活保護を受けようと思い、市役所に駆け込みました。市役所に入るなりいきなり地震があったので、ビックリしたことをよく覚えています。

生活保護がはじまってからは、毎日やる事がないので、朝から部屋の中でひたすらお酒を飲んでいました。

ある日、いつもの様に部屋でお酒を飲んでいたら、いきなり幻聴が聞こえたので、とてもイライラしてどうすればよいのかわからず、

ベランダから下の道路に向かって、ウイスキーやワインの瓶を投げていました。

その後、警察が来てドアを叩くので開けてみたら、部屋の中に入って来て、どうしたのかと事情を聴かれたので、幻聴が聞こえたから病院に行こうといわれて、そのまま精神病院に連れていかれました。

病院では隔離部屋に入れられて、お尻に注射を打たれました。その時は一泊で帰れたのですが、そう言う事がまたあったので、今度は一ヶ月程、する事になりました。

それからは、他の病院を紹介されて通院をしていたのですが、幻聴は治らず一人で悩んでいました。

ある日にもうこんな生活は嫌だと言う事で、急きょ名古屋市にある格安チケット売り場で沖縄行きのチケットを買い、沖縄に帰って来ました。そして、母親の所には帰れないので、姉の家を尋ねたら、もうここには来ないでと言われて追い出されました。それで、一人で行く当てもなかったので、那覇市内の海に行って、ビールを飲みながら、これからの事を考えていました。

その後お金が無くなったので、このままではマズイと思い、路上生活をしながら沖縄本島の南部と中部をさまよって暑い中歩いていたら、冷たいものが食べたくなったので、お金の無い私はコンビニに入って万引きをしようと思い、アイスをたくさん手に取って、そのまま店から逃げ出しました。

そして、それらを食べながら、歩いていると北谷の美浜にたどり着いたので、ゲームセンターに行って涼しんでいたり、海辺を歩いていたりしました。

DSCN4159

それで、夜になると寝る所を探して、海辺のテトラポットの所で寝ようと思い、近くのコンビニでビールを万引きしてから、それを飲みながら、休んでいました。そして、翌日もコンビニで万引きをして、美浜の海で盗んできた弁当を食べて、ビールを飲んていたら、警察が来て、職務質問をされて、そこで犯行がバレて逮捕されました。そして、沖縄警察署に連れていかれ、二十日程拘留されて、その後に拘置所に移動しました。それで、拘置所で二か月程、生活をしていてその後に裁判があり、判決を言い渡されました。判決は罰金十五万円でした。それで、すぐに釈放になり、弁護士の紹介で精神病院に入院する事になりました。それで私が入っていた病棟はアルコール依存症者の人達が大勢いて、毎日、アルコール依存についての授業を受けていました。そこには女性の患者もいて、同じ病棟で生活をしていました。

それで、私はお金が無かったので、入院費も払えないので、急いで市役所に連絡をして、生活保護の申請をしました。

そのおかげで、無事、医療保護を受ける事ができました。それから、そこに入院している間に突然、ここのスタッフの人から面接があり、病院をでたら入所しないかと誘われたのですが、奈良県に行ってもらうと言う事だったので、なんで沖縄出身の私が沖縄を離れて、奈良県に行かないといけないんですかと言って断りました。それで、この話はここで終わり、いよいよ退院の日が来たので無事、病院を退院したのは良いのですが、どこにも行く当てが無かったので、また路頭に迷う事になったので、とりあえず荷物を持ったまま沖縄市のパークアベニューに向かいました。それで、そこの路上で一泊してから、荷物をそこの路地裏に置いて、歩いて、北谷の美浜に向かいました。そして、お金を少しだけ持っていたので、そのお金でビールを買って、コインランドリーの中で飲んでいました。それで寝る時もコインランドリーで寝ていました。

そういう生活をしている内にまたお金が無くなったのですが、今度は万引きをするとマズイと思い、我慢していました。そして、一週間程、そこで生活をしていたら、いつの間にか新年を迎えたのですが、私は日にちを気にしていなかったので、気づきませんでした。それで、一月の二日に北谷町美浜のアメリカンヴィレッジのゲームセンターに入って、中で消化器を振りかけてしまったので、現行犯逮捕されてしまいました。理由は気が動転していて、その上、足元に消化器が置いてあったからです。中にいた他のお客さん達は逃げていったらしいです。

それで、また沖縄警察署にお世話になり、今度は二十日間拘留後に精神病院に連れていかれました。これで二度目の入院です。入院してからは幻聴がひどくそれで担当医の方に色々と相談をしたのですが、薬を出されるだけでした。それで、そこで四ヶ月生活をしていたのですが、そろそろ退院しても良いと医者に言われたのですが、出ても行く当てがなかったので、一度目に入院した時に相談した、セレニティパークジャパンに電話をしようと思い、相談しました。それで那覇で引き受けてくれるとの事でしたので、是非にとお願いしました。それで、今日に至ります。

s_P1180641

施設に入所してからは、毎日アディクション(アルコール・薬物・ギャンブル)についても学び、色々と学んでいます。週に一回ある、プレジャーでは沖縄観光をしたり、リゾートホテルでバイキングをしたり、夏には海で泳いだり、釣りをしたりしています。他にも市民体育館でバスケットボールやバドミントンをしたりしています。それで依存物質に頼ることなく、健康的な生活を送っています。それから、土曜日と日曜日には国際道り等に行って買い物をしたり、マクドナルドでランチをしたりして、有意義に過ごしています。私はこの施設に入って、とても良かったと思います。まず、一つはアルコールをやめる事ができた事と、自分の将来を真剣に考えられる時間が出来た事です。それで私はこの施設を出たら、まずは工場で働いて、お金を貯めて、バイクの免許を取ってから、バイクを買う予定です。以前の私は、毎日アルコールばかり飲んでいたので、バイクとは無縁でしたが、今はこのチャンスを無駄にせずに頑張って行きたいと強く思っています。それから、四十代では結婚もしたいので、アルコール依存症から、回復して普通の生活が出来るようになり、とても助かっています。この施設に感謝しています。それでは、私の話は今回はこの辺で終わりますが、また次回、色々とお話をしたいと思いますので、ブログを拝見して下さい。ではまた・・・

 

 

Leave a Reply