最近のコメント
access counter

「二つの椅子」

はいさーい!

SPJ沖縄ブログ係のユウジです。

今日は座長がプログラムを行いました。

045

繋がったばかりの仲間が抱えている悩みを題材に解決のために何が出来るのかカウンセリングを行いました。

この施設に繋がっている仲間は過去に何かしらのトラウマを抱えています。

人を傷つけた経験もあれば、自分自身を傷つけることが止まらない人も多いのです。

本当の自分はあの時、何を訴えたかったのか?

何故あのような行動をとったのか?

座長が色々な質問を重ねていくうちに問題の本質へと辿り着いていきます。

049

今まで自分が直面しているのに決して、一人では見えなかった考え方が仲間の中に芽生えます。

こうして、抱えているほとんどの問題は自分自身の捉え方によって変わってくる、ということに気づく仲間。

相手のせいにしている内は心の平安は訪れません。

050

信頼出来る仲間が悩みを抱えている仲間の肩に手を置き、慰めます。

自分が何を出来るのか?正直な気持ちは何だったのか?

どう理解すればいいのか?

片方の椅子には今の自分、もう片方の椅子にはもう一人の問題に直面していた当時の自分。

自分自身に質問を問いかけ、椅子と場所を移り、質問に答えてゆく。

シンプルな質問や答えにも感情がこもってきます。

客観視して、片付けていたはずの問題にもそのときの自分に戻り、「役」を演じることにより感情移入が出来るのです。

20人以上いる仲間はみな、話に共感し、黙って聞いていました。

共同体全員に心の内を明かすことにより、仲間はまた回復のステップを一歩前進、踏み出しました。

座長の約一時間半のワークは拍手で幕を閉じました。

044

今日のブログはここまでです。

また次の更新まで!ブログ係のユウジでした。

セレニティパークジャパンのオフィシャルサイトはこちら!

Leave a Reply