最近のコメント
access counter

2020 沖縄マラソン大会に参加してきました!

こんにちは ブログ係のシンです

今回は2月16日に行われた沖縄マラソンの様子をご紹介します。

CURAからは6名の仲間が出場しました。

まずは走る前の意気込みを聞いてみました。

 

《ヒカルさん》

天候に左右されず、楽しんで完走を目指します。

後は走るだけです!

 

《セタさん》

力の限り頑張ります!

 

《テッシーさん》

とにかく楽しく走りたいです。

完走を目指して!

 

《キョウさん》

那覇マラソンの記録を破りたい。

死ぬ気で頑張ります!

 

《ロキさん》

マラソン初体験なので、いい意味で恐れるものは何もないです。

結果にこだわらず、全力を出して頑張る所存です!

 

《ダイチさん》

不安ですけど、完走を目指して頑張ります!

 

みんなやる気満々です!

 

本番当日の朝は6:40集合と早かったのですが、行きの車の中は

普段と変わらず、冗談を言い合いながら楽しい雰囲気でした。

会場に近づくにつれ、沖縄マラソン関係者の車で渋滞し、歩道やコンビニは

ユニフォームの黄色いTシャツで埋め尽くされていました。

無事会場に到着し、私達は最上段の席を確保しました。

DSCF6031

 

各自、スタート地点に集まりだしたので選手の横で話をしながら

待っていましたが、出場選手はみんなリラックスした笑顔で談笑し、

スタートを待っていました。

ちなみに横にいたキョウさんは、緊張と不安で表情もこわばり、

話しかけても笑顔は一切ありませんでした。(笑)

 

ピストルが鳴りスタートすると12000人の選手たちが、先頭の列から一斉に

ぞくぞくと飛び出していき、その光景を真近で見ていると、圧巻でした。

 

しばらくすると、予報通り雨が降り始め、悪天候の中のマラソン大会になりました。

先回りして、沿道で一緒に走りながら応援している仲間もいました。

DSCF6052

DSCF6072

 

そして時間がたち、仲間の中で待望の一番手でゴールに向かっているのは

ヒカルさんでした。

仲間の顔を見て安心したのか、とても嬉しそうに笑顔で入ってきました。

仲間もヒカルさんを見つけた瞬間、一瞬で笑顔になりました。

その後、ダイチさんが続いて、笑顔でゴールしました。

キョウさん、セタさん、テッシーさんの3人は残念ながら完走は

できませんでしたが、仲間と合流し皆でロキさんのゴールを拍手

で迎えることができました。

DSCF6063

DSCF6058

DSCF6071

ハウスに帰ると、仲間が暖かいご飯を作ってくれていました。

ハウスの皆で一緒に食べ、疲れた体と心を癒してくれました。

 

結果は

ヒカルさん➡完走(タイム 3:56:32、自己新記録)

ダイチさん➡完走(タイム 4:34:26、初出場)

ロキさん ➡完走(タイム 5:29:31、初出場)

キョウさん➡18キロ地点で制限時間オーバー(最高到達距離更新)

テッシーさん➡22キロ地点で制限時間オーバー(最高到達距離更新)

セタさん ➡18キロ地点で制限時間オーバー(最高到達距離更新)

 

と、普段からランニングをし頑張っているおかげで、結果は各々違えど、

自分の記録を更新する素晴らしい内容だったと思います。

 

【走った後の感想】

《ヒカルさん》

走る前の意気込み通り、天候に左右されず、結果どうこうよりも、

最後まで楽しく走る、という目標を達成出来たことが、自分の中

では一番うれしい。

また、応援しに来て待ってくれてた仲間に力をもらえて、支え

てもらったおかげで、最後まで頑張れました。

 

《ダイチさん》

正直やめたくなる場面が何度かありましたが、その度に、頑張れ!と

声をかけてくれた周りの人や応援しに来てくれた仲間のおかげで最後まで

走り切ることが出来ました。

 

《ロキさん》

途中で足が痛くて諦めようと思ったけど、走り続けてゴール付近で

皆が待っててくれたのが嬉しかったし、やってよかった。

また、マラソン以外でも何かにチャレンジしてやり遂げる体験を積み重ねて

いきたいな、と思いました。

 

《キョウさん》

くやしかった。

あと2キロで20キロだったのに、タイムオーバーになった。

しかもあと5分早ければ、第一関門突破でした。

次回の糸満マラソンに向けていい起爆剤になりました。

今回のマラソンは楽しかったし、いい勉強になった。

 

《テッシーさん》

しんどかった。

完走出来なかったのは悔しいけども、今の自分の精一杯は出せたかなと。

もう一回挑戦するかどうかは、今後ゆっくり考えます。

チャレンジ出来て良かったです。

 

《セタさん》

完走出来なかったけど、全力でできて良かったです。

完走したかったです。

仲間と同じ経験を出来て良かったです。

平凡な土日を過ごすより、全然よかった。

少しでも距離を伸ばせるように又、ランニングしようと思っています。

 

 

なにをかくそう、私シンも1ヶ月ほど前から平日の夜は毎日仲間と

一緒に5キロのランニングを続けています。

これまでは、私自身、自分から仲間に声をかけランニングをするなんて考えられないことでした。

体も顔つきもひきしまり、なにより仲間とワイワイ楽しみながら

走ることが出来、とても充実した良い時間を過ごせています。

 

こういうイベントがあると、皆の気持ちが目標に向かって一つになり、

仲間の暖かさや、大切さを強く感じさせてくれたマラソン大会だったと思います。

走る事の楽しさを思い出させてくれた仲間に感謝しています。

 

皆さんはどのように感じてくれたでしょうか?

 

それではこの辺りで次の仲間にバトンタッチします。

最後まで読んでくださり有難うございました。

セレニティパークジャパンのオフィシャルサイトはこちら

Leave a Reply