最近のコメント
access counter

AP(アプレンティス)紹介 ☆ショウ編☆

はいさ〜い(^O^)/

ブログ係のリュウで〜す(^o^)v 今回、私が担当させて頂く企画は、AP(アプレンティス)紹介ですが、南城依存症ケアセンター(ワンネスグループ全体)では、段階を上がっていき3段階に上がると就労プログラムという段階に進むが出来るようになります。ここで希望として、社会復帰に向けて施設外での就労を目指す人また、APになりスタッフを目指す人の、二つの選択があります。ということでAPとは、クライアントから、スタッフになるまでの研修を行う位置づけということです。研修ではあるけどAPになった時点から、スタッフと共にクライアントの人達の安全、回復を支えていく存在なのです。

P1010766

↑皆のために食べるのも惜しんで焼いてます。(焼いている姿が男らしい!!)

それでは先日、南城ケアセンターのAPになったショウさんの紹介をさせ頂きます。

☆年齢☆ 44才

☆アディクション☆ 薬物全般

☆アディクション使用期間☆ 20年

☆出身地☆ 三重県

☆趣味☆ 釣り

☆好きな芸能人・タレント☆ 石原さとみ

1.★施設に繋がった経緯★

矯正施設に入っている時、自分から手紙を出した

 

2.★施設に来て困ったこと(沖縄)

今のところ特に無い

 

3.★今、一番やってみたいこと★

スカイダイビング

 

4.★将来の夢★

ブラジルで釣りをしながら死ぬこと

 

5.★アディクションにまつわる失敗談★

ダムで釣りをしていて、そのままボートの上で寝てしまい、放水口に引っかかっていた(ほんと、死ぬところだった)

 

6.★今後の抱負★

新しい生き方を続けていく

 

7.★仲間に対しエールを一言★

最後までやり通して欲しい

 

8.★施設に繋がりクライアントからAP(アプレンティス)になろうと思った経緯

矯正施設から直接繋がった後、最初にAPを経てスタッフになろうと思ったのは、自分自身の回復のためでした。それから月日が経ち、今は少し考え方も変わって、仲間のために何か自分に出来ることがきっとあると思っています。そして、そうすることが自分自身の回復に繋がっていくのだと感じています。それが、APになろうと思った経緯ですね。

 

9.★その他、感じたこと(なんでも)

沖縄の施設はアツイね!!

 

ショウさん、ありがとうございました。

ショウさんは、一旦奈良の施設でAPを経験しているのですが、今一度自分自身を見つめなおすために、再度クライアントとして沖縄の施設に繋がりました。そこで一定期間を過ごし改めて、気持ち新たに此処、南城デイケアセンターでAPとなりスタッフを目指し始めました。そんなショウさんは、格好いいし、何気に真面目で面倒見がよく、それでいてとても面白く楽しい人で、クライアントの仲間達からも慕われ、年齢問わず皆の兄貴的存在で多数の仲間達が相談に駆けつけていますが、それを嫌な顔一つすることなく受け入れてくれる、とてもやさしい人でもあります。これから先、様々な面で大変な日々が続くと思われますが、ショウさん自身の信念を曲げることなくスタッフになる迄、いや、スタッフになってもショウさん自身の回復と、クライアントのために頑張って下さい。仲間と共に応援していますm(_ _)m

最後に私事ですが、ショウさんは、私を矯正施設まで迎えに来てくれ、施設に繋げてくれた3人のうちの1人で、本当に感謝しています。有難うございます!!

 

最後まで読んでくださった皆さん有り難うございました。また、新しいAP(アプレンティス)が誕生したら、紹介させていただきま〜す(・∀・)

 

ブログ係のリュウでした〜m(_ _)m     またねぇ〜\(^o^)/

 

Leave a Reply