最近のコメント
access counter

プレジャー “尚且つ”ボランティア

はいさーい! 南城依存症ケアセンターのブログ係です。

久し振りのプレジャー紹介ですが、今回のプレジャーは少し趣向を変えたもので、皆が心待ちにしている夏を目前に、豊見城市内の海浜公園「ビーチ清掃ボランティア」に参加してきました。

発案者は、KP(郊外プログラム)班のレジェンド”ヤス”さんで、仲間の賛意とスタッフの協力を得て実現しました。

そのヤスさんの思いは、「(善いことをすれば)皆の心が豊かになる」、「沖縄での楽しい思い出になってくれれば」とのことで、その優しい心遣いは、正にヤスさんならではと申せましょう。

S__4800578

発案者のヤスさん(右)も率先して・・・・・

 

S__4800575

当日は天候に恵まれ、太陽の日差しが夏の到来本番を思わせる程でしたが、海辺を渡る風はときおり涼しく、気分も上々。

先ずは、海浜公園の事務所前に集合し、用意してきた手袋をはめ、拾ったゴミ袋を持ち、広い方の説明を聞いた後、ヤス隊長の号令一過、海岸沿いの遊歩道を中心に、右へ左へ、班ごとにビーチクリーン開始です。

S__4800585

吸い殻やその他のゴミは白い袋へ・・・・

狙い目の阿壇(あだん)の落ち葉は緑の袋に・・・

S__4800582

S__4800576

新しい仲間も一生懸命!

S__4800580

一心不乱に拾いましたっけ!!

 

ビーチクリーンが終わった後は、近くのアウトレットモールの散策や、すでに海開きをしている海岸で、海水浴や日光浴を思い思いに楽しみました。

 

最後に拾ったゴミを前に ”ハイ!ダ、ス、ト”(笑い)

実を申しますと、発案者のヤスさんは、4月1日を以って別の係に活躍の場を移していたのですが、KP班での最後のお勤めとばかり、今回の運営など一切を取り仕切ってくれました。

この活動では、治療共同体の理念の一つで、ある、「品格を伴う立場から社会に貢献していくことを学ぶ」ことを皆が体現することができたと言えるでしょう。

「心豊かに」、「楽しい思い出作り」を実現してくれた、レジェンド”ヤス”さんと、その想いに応えてくれ参加した南城の仲間全員に、感謝のアファメーションを贈りたいと思います。

 

今回もご覧頂きまして誠にありがとうございます。

次回は先ごろ始動した、夏のキャンプ係の紹介を予定しています。

乞うご期待!!  バイ!!

 

 

 

 

Leave a Reply