SPJ更新 「記事掲載されています。」

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか?

 

奈良・大和高田は、夏を思わせる暑さ!

真夏日直前の最高気温でした・・・。

 

そんな陽気の今日、パークに新しい仲間が来ました!

新しい仲間のサポート。

セレニティーパークジャパンでは、入所から30日間は、

一人で外出することはしません。31日以上の仲間のサポートを受けます。

 

今までの生き方ではない、生き方を始めること。

一人じゃない、仲間の助けを得ること。

 

ギャンブルに対する無力は・・・身体のアレルギーと精神の強迫観念に

分解して考えることができます。

精神の強迫観念をケアしていくのが、12ステップ。

そして、身体のアレルギーのケアは、同じ問題を持つ仲間との繋がり。

 

その2つを、車の両輪とすることが、解決策なのです。

 

さて、セレニティーパークジャパンは、

確固たるプログラムを用いた、西日本初のギャンブル依存症

・アルコール依存症の治療施設です。

そのため、西日本エリアのマスコミ各社から連日取材いただいております。

 

各社の記者さんに言えるのは、真摯で、深い取材に基づき報道をされている事。

一朝一夕の勉強でも、興味本位でもなく、明確なメッセージを伝えようとしている事。

私の恐れは、杞憂に終わっています。

 

朝日新聞の記事

http://www.asahi.com/health/news/TKY201105090341.html

 

では、今日はここまで。

 

「失敗の最大の原因は自己不信」 ・・・・ 心理学者 デヴィッド・シーベリー

 

 

 

=======================

 

セレニティーパークジャパン フロアータイル基金のお願い

私たちは回復支援の最前線に身を置くものとして、欧米に続く充実した

サービスの提供が日本でも必要であると考え、既存の施設が取り入れて

いるグループミーティング以外の回復プログラムを模索・研究してまいりました。

職員の研修費に資金を投入し、海外のリハビリ施設への訪問や国内外での

研修会への企画運営や参加に大きく力を注いでまいりました。そして、欧米の

治療プログラムを導入した「セレニティーパークジャパン」の開設が叶い、日本でも

先駆的な試みが奈良からスタートしました。

 

フロアータイル基金のお願い

改築工事に伴い、合計1,170枚のフロアータイルが敷かれました。

このタイル1枚に対し、1口2万円の基金をお願いできればと考えております。

ご協力いただいた方のお名前(匿名のご希望も可能です)を、施設内のパネルに

印字し掲示させていただきます。皆さまからご支援いただく基金を使い、夢と解決

策の有る施設を作り上げてまいります。

回復を手にするため、開所以来利用者が増えております。

 

タイルをご購入いただき セレニティーパークジャパンへ寄贈をお願いします。

今後とも温かく、セレニティーパークジャパンを見守って頂けますよう、お願い申し上げます。

 

平成23年5月

一般社団法人セレニティーパークジャパン

代表理事 矢 澤 祐 史

 

 

FAX(0745-24-2051)    もしくは郵送かE-mailにて  (担当:事務局 児玉)

〒635-0065 奈良県大和高田市東中2-10-18    info@spj-ag.org

 

1)お名前

2)タイル枚数      枚(一枚につき2万円)

3)ご印字名        (個人名・会社名など) ※領収書の発行可能です。

4)ご住所

5)お電話番号

 

タイトルとURLをコピーしました