ギャンブル依存症回復施設セレニティパークジャパン更新「自己分析ワーク」

皆様、こんにちは‼

まさかのコロナウイルスの影響で花見が自粛になってしまいましたが、来年見る桜はきっとこれまで以上に綺麗に僕たちのの心に刻まれるでしょう。来年を楽しみに待ちましょうね。

本日の更新は、4月よりセレニティーパークジャパン奈良でスタッフ研修となりました熊井戸が担当致します。

今日は先日行われたグループセッションの様子をお伝えします。

 

今回のセッションはスタッフの森田と私で担当しました。

セッションの前にはチェックインエクササイズでみんなの緊張をほぐし、コミュニケーションをとりやすくします。今日はクイズ形式で世界情勢の事をみんなで和気あいあいと学んでいきました。

その後にエゴグラムを使ってそれぞれが自己分析をしていきました。

 

新しいメンバーのヒロキ君です。このワークは新しいメンバーも入りやすかったみたいです。

 

みんな自己分析に夢中になっていました。自分を知るためにエゴグラムに集中して作業していました。

心理学者のエリック・バーン博士が創始した「交流分析」という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストなのでエビデンスが高いものです。

ここでわかったことは自分自身の事。良し悪しではありません。自分の一面を様々な角度から知る事が大事だと思います。

自分の事を植え付けた価値観で否定しない事。それが自己肯定感に繋がります。

自分にどういった考えがあり、どういった価値観があるのか理解していく事で、自分そのものを知ることが出来ます。ギャンブルやインターネットゲームへの依存の最中では周囲の人から、そして自分自身が否定的な側面ばかりに目を向け続け、否定的な「アイデンティティー」を自分に貼り付けていたように思います。

 

これまでみんなと「自分がどういった存在なのか」について分かち合うことは到底できませんでした。

自分の正直な思いを大切な人と語り、分かち合い、共に笑ったり時に苦しんだりすることに抵抗がありました。

今は大切な人間関係の中で一緒に時間や価値観を共有できることを嬉しく思います。

 

=======
セレニティパークジャパンのfacebook へ「いいね!」をお願いします!
https://www.facebook.com/SPJnara/
=======

一般財団法人ワンネスグループは、政府から新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が出されたことを重く受け止め、2020年5月17日(日)までワンネスファミリーグループの開催を中止しています。
代替として、以下の日程でオンライン家族会を開催します。

●現在開催されているオンライン家族会(4月7日 現在)
1)第1、3水曜日 14時~15時30分 担当:三宅隆之(ワンネスグループ共同代表)、國澤緑(家族スタッフ)
※家族会に初めて参加の方~5回程度参加されている方が対象です。
2)毎週月曜日 19時~20時30分 担当:奈良施設スタッフ週替わり
※初めての方も含めてご参加頂けます。

参加ご希望の方は、ワンネスグループホームページをご確認ください。

アルコール 薬物 ギャンブル ネット 依存症回復支援ワンネスグループ
依存症は回復します。私たちも、かつては同じでした。“依存症の経験者だからわかる” それがワンネスグループの強みです。
タイトルとURLをコピーしました